具材はベーコンと玉ねぎだけでも美味しすぎるペペロンチーノのレシピ

パスタは貧乏飯の食材としてもとても便利な食材です。

 

乾麺パスタには高級なものからリーズナブルなものまで、さまざまな種類がありますが、300gで100円前後のパスタでも十分美味しいので、我が家には欠かせない食材です。

 

パスタを使った100円貧乏飯の中でもおすすめなのがペペロンチーノです。

 

ベーコンと玉ねぎのペペロンチーノ

 

ペペロンチーノは、にんにく、赤とうがらし、オリーブオイルを使ったパスタ料理の基本と言われているものですので、作り方さえ覚えておけばアレンジが効きます。

 

味付け自体がシンプルですので、具材はなんでもいいのですが、我が家の具材はベーコンと玉ねぎのみを使うのが定番となっています。

 

ベーコンがいい味を出してくれるだけでなく、にんにくを多めに入れることで、食欲もそそりますし、にんにくパワーで元気にもなれる激安パスタです。

 

食材と分量

 

1人前の分量

 

パスタ:乾麺100g

 

ベーコン:2枚

 

玉ねぎ:4分の1個

 

ベーコンと玉ねぎのペペロンチーノの材料

味付け・調味料

 

にんにく:生にんにくならひとかけです。

 

にんにくひとかけ

 

切り方は縦半分に切り、中央にある芽を取り除いてからスライスします。

 

乾燥にんにくスライスなら10〜20枚ほど、おろしにんにくチューブ2〜3pです。

 

にんにくの香りは生にんにくをスライスしたもの > 乾燥にんにくスライス > おろしにんにくチューブの順です。

 

どれを使っても構いませんが、おろしにんにくチューブの場合は特に多めに入れた方が風味が出ます。

 

赤とうがらし(鷹の爪):少々

 

赤とうがらしは、少しでもめちゃくちゃ辛さが出てしまいますので、こんなに少なくていいの?というくらいでちょうどピリ辛になります。

 

オリーブオイル:大さじ1〜2

 

オリーブオイルは業務スーパーで買えるスペイン産のエキストラバージンオリーブオイルは500mlで298円(税別)のものを使っています。

 

塩3つまみ・こしょう1つまみ(親指、人差し指、中指の3本でつまむ)

 

『味付け塩こしょう』なら2〜3振り

 

作り方

 

@鍋にお湯を沸かし、パスタを規定時間から1分引いた時間で茹でます。

 

※茹で時間が5分なら4分となります。

 

Aオリーブオイルににんにくの風味を付ける(ガーリックオイル)ため、フライパンを温める前にオリーブオイル、にんにく、赤とうがらしを入れてしばらく置いておきます。

 

B火を点けて、にんにくが薄く色づいてきたら、にんにくと赤とうがらしだけを小皿に移します。(そのまま炒めると焦げます。)

 

C残ったベーコンと玉ねぎを入れて炒め、玉ねぎがしんなりしてきたら、火を止めて、にんにくと赤とうがらしを戻します。

 

Dパスタが茹で上がったら、フライパンにパスタを投入しますが、この時、同時に茹で汁を大さじ3程度入れます。

 

※茹で汁を入れることで、炒めている間に規定の茹で時間になるので、しっかりアルデンテになります。

 

E塩こしょうをして、全体に混ざるまで炒めれば出来上がりです。

 

食材費

 

パスタは1人前で約30円

 

ベーコンは2枚約20円

 

玉ねぎは4分の1個で約10円

 

オリーブオイルは大さじ1(12g)で約10円

 

赤とうがらし、塩こしょうで約10円

 

合計約80円