暑い日でもさらっと食べられる貧乏飯!天かすとワカメの冷やしたぬきうどんのレシピ

食欲の無くなる暑い日でもさらっと食べられる貧乏飯メニューの定番、冷やしたぬきうどんの作り方です。

 

冷やしたぬきうどんの具は天かすさえあれば、他はなんでもいいのですが、安くてさっぱりと食べられることから、我が家ではワカメを使うのが基本となっています。

 

冷やしたぬきうどん

 

画像では長ネギをたっぷり入れましたが、キュウリやオクラなどの夏野菜を入れてもいいですよね。

 

うどんをそばに変えれば、冷やしたぬきそばになります。

 

冷やしたぬきそば

 

いずれにしても、冷やしたぬきうどんは食材費が安くて、調理も簡単な夏の貧乏飯の定番です。

 

食材と分量

 

1人前の分量

 

うどん:乾麺100g(茹で麺なら200g)

 

天かす:適量(お好みの量でOK)

 

増えるワカメ:1g(軽く1つまみくらい。お好みの量でOK)

 

長ネギ:適量

 

味付け・調味料

 

めんつゆ(2倍濃縮):100ml

 

※3倍濃縮なら70ml、4倍濃縮なら50mlとなります。

 

出来上がりの分量が200mlになるように調整してください。

 

作り方

 

@鍋にお湯を沸かし、乾麺であれば規定時間茹でます。

 

※茹でうどんなら、ほぐれればOKです。

 

A流水でよく冷やします。

 

B器にうどんと具を盛り付けて、めんつゆをかければ出来上がりです。

 

食材費

 

うどんは1人前で約25円

 

天かすは約10円

 

ワカメは約1円

 

長ネギなどの野菜類は約10円

 

めんつゆは100ml=約10円

 

合計約56円