暑い日のさっぱり貧乏飯!納豆となめ茸とキュウリの冷やしそば

暑い日の貧乏飯では、うどん、そば、そうめんなどの麺類が大活躍してくれますよね。

 

冷やし系の麺類は具材をアレンジするだけで、また違った味わいになりますからアレンジ次第で無限メニューになるのもうれしいものです。

 

ここでは冷やしそばの具材アレンジとして納豆となめ茸とキュウリの冷やしそばをご紹介します。

 

納豆となめ茸とキュウリの冷やしそば

 

我が家では、夏になると週2〜3回は冷やしそばや冷やしうどん、そうめんになるのですが、中でも納豆となめ茸とキュウリの冷やしそばはコスパが良いのはもちろん、作るのも簡単なのでよく作る貧乏飯です。

 

ナスや大葉などの夏野菜が安く手に入った時は天ぷらにしてトッピングすればボリュームも出ますので、食べ盛りのお子さんにも最適です。

 

画像の冷やしそばはナスとかぼちゃの天ぷらをトッピングしています。

 

スポンサーリンク

 

食材と分量

 

1人前の分量

 

そば:乾麺100g

 

納豆:1パック

 

なめ茸:大さじ1(お好みで増減してください。)

 

キュウリ:適量

 

味付け・調味料

 

めんつゆ:100ml

 

作り方

 

@鍋にお湯を沸かし、そばを規定時間茹でます。

 

A茹で上がったそばを流水でよく締めます。

 

Bそばを器に盛り、納豆、なめ茸、キュウリを盛り付けます。

 

※天ぷらがあれば一緒に盛り付けます。

 

Cめんつゆをぶっかければ出来上がりです。

 

食材費

 

そばは1人前で約25円

 

納豆は1パック約17円(3パック税込50円の納豆を使っています。)

 

なめ茸は約11円(ベイシアの160g入り税込105円のなめ茸を使っています。)

 

キュウリは約10円

 

めんつゆは約10円

 

合計約73円

 

天ぷらを20円として考えてトッピングしても、約93円とコスパ最高で暑い日にぴったりな貧乏飯です。

 

 

スポンサーリンク